ドレッド・スコット事件(読み)ドレッドスコットじけん

百科事典マイペディアの解説

ドレッド・スコット事件【ドレッドスコットじけん】

1857年米国最高裁判所が自由身分確認のため訴訟を起こした黒人スコットDred Scottの主張を却下した事件。この判断により,黒人奴隸は憲法のいう国民ではなく財産であるとされた。自由州移住の黒人奴隷の解放を拒否するとともに,ミズーリ協定は違憲であるとしたため,奴隷制反対論者を刺激した。のち憲法修正第13,14条(1866年)により,この判決は事実上否定された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android