ドレッベル(読み)どれっべる(英語表記)Cornelius Jacobszoon Drebbel

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドレッベル」の解説

ドレッベル
どれっべる
Cornelius Jacobszoon Drebbel
(1572―1633)

オランダ生まれの化学者、発明家。1605年ごろにイギリスへ渡り、ジェームス1世に厚遇された。ドレッベルは多くのものの発明者とされたこともあるが、顕微鏡望遠鏡ポンプ、時計、温度計などは大陸からイギリスへ紹介しただけであり、永久運動の機械のように信用できないものもある。硫黄(いおう)を硝石とともに燃焼して硫酸を製造する方法をイギリスへ導入したほか、染色などに業績がある。

[加藤邦興]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android