コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンキン Donkin, Bryan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンキン
Donkin, Bryan

[生]1768.3.22. ノーサンバーランド
[没]1858.2.27. ロンドン
イギリスの製紙業者。ケントの製紙業者のもとで徒弟となったが,その間にフランスの N.L.ロベールが 1798年に創案した製紙機械を改良,1803年頃最初の実働的なファドリニア製紙機械を完成し,以後 191台を製作した。 13年ある印刷業者と共同で回転印刷機の前身と活字組付け印刷ローラを開発,結局この機械は失敗したが,組付けローラは広く普及した。 15年以降ロンドンで土木技師となり,18年土木学会を創立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドンキン【Bryan Donkin】

1768‐1855
イギリスの発明家。ノーサンバーランド州の生れ。父親の友人で著名な技術者であったJ・スミートンの影響を受けて技術者となる。初めて実用的な製紙機械をつくることに成功し,1851年のロンドンの第1回万国博覧会で表彰を受けた。そのほか印刷機の改良,回転計の発明,肉や野菜の密封保存技術の開発などの業績がある。後年は土木学に関心を深め,1818年の土木学会の創設に参画し,後に副会長をつとめた。【高山 進】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドンキンの言及

【缶詰】より

…方法はアペールと同様であるが,目的は容器として缶を使用することにあったので,デュランドをブリキ缶使用の開祖としている。しかし最初に缶詰を企業化したのは同じイギリスのドンキンBryan DonkinとホールJohn Hallで,12年にデュランドの特許を使用して史上初の缶詰工場を経営した。この缶詰を24年パリーWilliam Edward Parryが北極探険隊に使用したことは有名である。…

※「ドンキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドンキンの関連キーワードポート・エリザベスポート・エリザベスポートエリザベストンキンハノイ抄紙機黎朝

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android