コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイトロジェンマスタード nitrogen mustard

デジタル大辞泉の解説

ナイトロジェン‐マスタード(nitrogen mustard)

制癌(せいがん)剤の一つで、白血病などに有効。マスタードガスから作られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ナイトロジェンマスタード

窒素イペリットとも。(ClCH2CH23Nまたは(ClCH2CH22NCH3イペリットの硫黄原子を窒素原子で置換したものに当たる。
→関連項目エンドキサン突然変異育種法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ナイトロジェンマスタード【nitrogen mustard】

制癌剤の一。マスタード-ガス(イペリット)の誘導体。 DNA をアルキル化することにより切断して癌細胞の増殖を抑制する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ナイトロジェンマスタードの関連キーワードシクロホスファミドアルキル化抗白血病薬マスタード石館守三制癌剤癌細胞誘導体奇形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android