コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイトロジェン・マスタード nitrogen mustard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイトロジェン・マスタード
nitrogen mustard

C5H11Cl2N 。無色の有毒な液体で沸点 87℃。第2次世界大戦前より毒ガスとして開発されたが,実戦には使用されなかった。付着すると治療困難なただれを生じる。突然変異誘導作用をもつことが知られており,白血病,リンパ肉腫などの悪性腫瘍の治療に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナイトロジェン・マスタードの関連キーワードシクロホスファミドバクテリオファージナイトロミン制癌剤