コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガニシ(長辛螺) ナガニシ spindle whelk

1件 の用語解説(ナガニシ(長辛螺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナガニシ【ナガニシ(長辛螺) spindle whelk】

イトマキボラ科の巻貝(イラスト)。殻の高さ14cm,径4.5cm。長い紡錘形で,巻きは10層に及ぶ。赤みを帯びた殻頂を除いて各層はよく膨らみ,周縁は多少角ばる。表面はビロード様の厚い皮をかむるが,成長すると上方の層でははげる。細い肋を横にめぐらし,上方の層では縦にも肋がある。最後の巻きは細く長く水管嘴(すいかんし)がのびる。殻口は卵形で水管嘴までのびて,細長い水管溝をつくる。ふたは黒褐色で卵形,革質でやや厚い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナガニシ(長辛螺)の関連キーワードエゾボラヒメエゾボライラストマップ長螺糸巻ボール糸巻法螺逆巻貝千歳法螺

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone