コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワカガミ

百科事典マイペディアの解説

イワカガミ

イワウメ科の常緑多年草。北海道〜九州の山地から亜高山にかけてはえる。地下に根茎がある。葉は根出し,径2〜6cmの円形革質で厚く,上面つやがあり,縁には鋸歯(きょし)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワカガミ
いわかがみ / 岩鏡
[学]Schizocodom soldanelloides Sieb. et Zucc.

イワウメ科の草状の小低木。葉は根際に群がり、革質、円形で先がとがり、多くのとがった鋸歯(きょし)がある。初夏、茎の先に花茎を伸ばし3個から十数個の花をつける。花は淡紅色、漏斗(ろうと)形で5裂し、裂片は細い多数の片に裂ける。山地の林中や高山の草原に生え、北海道、本州、四国、九州に分布する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワカガミの関連キーワード阿蘇くじゅう国立公園イワカガミ(岩鏡)ヒメイワカガミヤマイワカガミ野草(植物)イワウメ科アルプス烏帽子岳大和団扇木曽山脈愛宕酸漿大岩鏡由布岳鬼怒沼道後山山崎岩梅

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イワカガミの関連情報