コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナギービン Nagibin, Yurii Markovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナギービン
Nagibin, Yurii Markovich

[生]1920.4.3. モスクワ
[没]1994.6.17.
ソ連の作家。映画大学で学んだ。 1943~45年『トルード』紙の従軍記者をつとめた。短編集『戦線からの人間』 Chelovek s fronta (1943) ,『大きな心』 Bol'shoe serdtse (44) では兵士たちの心理を通じて戦争を描いた。自然描写にすぐれ,日常生活の何気ないテーマを扱った中短編が多い。『バンビ』 Bembi (57) ,『追求』 Pogonya (63) ,『トルブニコフの生涯の一時期』 Stranitsy zhizni Trubnikova (63) などがある。また 30本近い映画シナリオを書いた脚本家としても知られ,代表作に黒沢明監督作品『デルス・ウザーラ』 Derus Uzala (75) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナギービン
なぎーびん
Юрий Маркович Нагибин Yuriy Markovich Nagibin
(1920―1994)

ソ連の小説家。モスクワに生まれる。国立映画大学シナリオ科に学ぶ。1943年に前線で負傷、その後『労働(トルード)』紙の従軍記者になる。主として短編、中編を書き、ごく平凡な人間の感情生活を叙情的な筆致で描いている。作品集に『冬の樫(かし)』(1955)、『早春』(1963)、『遠いものと近いもの』(1965)などがあり、数多くのシナリオも書いている。[中本信幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナギービンの関連キーワード4月3日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android