ナグ・ハマディ(英語表記)Nag Hammadi

世界大百科事典 第2版の解説

ナグ・ハマディ【Nag Hammadi】

エジプト,ナイル川上流の都市ルクソールから約100kmさかのぼった河畔にある町。アラビア語ではナグー・ハンマーディーNaj‘ Ḥammādī。この町の付近から1945年に一農夫によって発見され,最近ようやく本文のファクシミリ版が完結した,いわゆる〈ナグ・ハマディ文書〉によって有名となる。この文書は現在,カイロのコプト博物館に保存されている。後3~4世紀に写筆された13のコプト語パピルス・コデックス(古写本

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android