コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミキソウ

百科事典マイペディアの解説

ナミキソウ

シソ科の多年草。北海道〜九州,東アジア海岸砂地にはえる。高さ10〜40cm,全草に柔らかい毛がある。葉は対生し長楕円形。夏〜秋,花は上部葉腋に1個ずつつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナミキソウ
なみきそう / 浪来草
[学]Scutellaria strigillosa Hemsl.

シソ科の多年草。海岸の砂地に生え、砂中に細長い地下茎を引く。茎は高さ20~40センチメートル、稜(りょう)上に上向きの毛がある。葉は対生し、長卵形で長さ2~4センチメートル、質はやや厚く、短い柄がある。夏から秋、茎の上部の葉腋(ようえき)に紫色花を1個ずつ、一方向に向けて開く。花冠は長さ約2センチメートル、基部からほぼ直角に曲がって立ち上がり、先は二唇形となる。分果は長さ約1.5ミリメートル、熟すと萼(がく)の上側とともに外れて落ちる。日本全土、および朝鮮半島、千島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。名は、海岸に生えるのでいう。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナミキソウの言及

【タツナミソウ(立浪草)】より

…エゾタツナミvar.ussuriensis (Regel) Haraは葉が薄くてほとんど毛がなく,近畿地方以北,北海道,朝鮮,中国北部,シベリアに分布する。ナミキソウS.strigillosa Hemsl.(イラスト)は海岸の砂地に生え,花は葉腋(ようえき)につく。日本全土,朝鮮,中国,サハリンに分布する。…

※「ナミキソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナミキソウの関連キーワードヒメナミキシソ科村田

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android