コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミノハナ(浪の華) ナミノハナChondrococcus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミノハナ(浪の華)
ナミノハナ
Chondrococcus japonicus

紅藻類カクレイト目ナミノハナ科の海藻。潮間帯下部の岩上に生じる。藻体は羽状に分岐して扇状に広がり,互生または対生する。体表に腺細胞があり,生品は松やにのような香りがする。分岐片の幅は2~3mmで,その縁片は鋸歯状である。本州中部の両岸,瀬戸内海に分布する。よく似たものにホソバノナミノハナ C. hornemanniがある。これは名のごとく裂片が細く1~2mm幅で鋸歯がない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android