コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラヤン ナラヤン Narayan, Jaya Prakash

3件 の用語解説(ナラヤンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナラヤン
ナラヤン
Narayan, Jaya Prakash

[生]1902.10.11. ビハール,シタブディヤラ
[没]1979.10.8. パトナ
インドの政治家,社会運動家。 1932年イギリス支配に反対して1年間投獄された。 34年国民会議派内に会議派社会党を創設。 48年会議派を離れ,52年人民社会党を結成。しかしその政策にあきたらず,54年ブーダン運動に身を投じ,57年政界引退を宣言。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ナラヤン
ナラヤン
Narayan, R.K.

[生]1906.10.10. マドラス
[没]2001.5.13. チェンナイ
インドの小説家,政治家。フルネーム Rasipuram Krishnaswami Narayan。英語で執筆し,架空の町マルグディを舞台に,そこで暮らす風変わりな人を描いて世界中の読者を魅了した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナラヤン
ならやん
Jayapraksh Nryan
(1902―1979)

インドの政治家、思想家。JPの愛称で親しまれた。ビハールの農村で下級官吏の家に生まれる。1922年奨学金で渡米。オハイオ大学で修士号を取得。その間マルクス主義を学ぶ。1929年帰国し、J・ネルーら国民会議派内左派グループに加わり、1934年の会議派社会党結成にも参加。1936年には『なぜ社会主義か』を執筆。第二次世界大戦中の1940年に戦争協力反対を表明して逮捕される。独立後1952年に人民社会党を結成。その後は、かつて批判したガンディー主義に接近し、しだいに政治を離れ、社会運動としてのサルボダヤ運動に取り組む。しかし、1974年にグジャラート、ビハール両州から始まった反政府運動では「全体的革命」を掲げて会議派インディラ・ガンディー首相の強権的政治に対抗し、JP運動の名を残した。翌1975年非常事態宣言下で逮捕される。1977年の第6回総選挙では、反ガンディー勢力を結集した人民(ジャナタ)党の精神的支柱として初の非会議派中央政権の成立を助けた。[内藤雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナラヤンの関連キーワードガル・ビハーラビハールハーフ&ハーフこのたびはシェール・シャーコーチ・ビハール王国ビハーラ窟ビハーリー・ムスリムビハーリーラールマハー・ビハーラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナラヤンの関連情報