コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンカクラン ナンカクラン Lycopodium fordii

2件 の用語解説(ナンカクランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンカクラン
ナンカクラン
Lycopodium fordii

ヒカゲノカズラ科の常緑性シダ植物伊豆半島紀伊半島から四国にかけて,また,伊豆七島八丈島以南の森林中に着生する。茎は 20~40cm,2~3回二叉分枝する。下部に多数の根がつく。葉は密生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンカクラン
なんかくらん
[学]Lycopodium fordii Bak.

ヒカゲノカズラ科の常緑性シダ。茎は垂下して2、3回分岐し、披針(ひしん)形の小葉が螺旋(らせん)状につく。胞子嚢穂(のうすい)は顕著でない。伊豆半島以南に産し、暖地樹林下の多湿の岩や樹幹に着生する。東南アジア、インドにもみられる。観葉植物としても栽植される。ヨウラクヒバL. phlegmariaはナンカクランに似ているが、より大形で、葉が卵披針形であることと、胞子嚢穂が明確なことで区別できる。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナンカクランの関連キーワード万年杉水杉峠芝なんかくらん日陰の蔓山蔓蔭ヒカゲノカズラマンネンスギ古生ヒカゲノカズラひかげのかずら

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone