コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンテール ナンテールNanterre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンテール
Nanterre

フランス北部,オードセーヌ県の県都。パリ西方,セーヌ川左岸にのぞむ河港・工業都市。パリの郊外工業地区に属し,自動車,電機,工作機械ビスケット,香水などを産する。ルアーブルと石油パイプライン結ばれる。古くはケルト人の礼拝所があった。パリの守護聖女ジュヌビエーブの生地といわれ,聖ジュヌビエーブ塔がある。パリ大学ナンテール校の学生運動が 1968年の5月革命の発端となった。人口8万 6627 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナンテール【Nanterre】

フランス,パリ西方の近郊都市で,オー・ド・セーヌ県の県都。人口8万7000(1990)。北西のセーヌ左岸地帯は,自動車工業化学工業などの工場が並ぶ,古くからの工業地区である。これに対して北東部は,都市再開発地区として世界的に著名なデファンスの西部にあたり,1964年に新設されたパリ第10大学や,72年に完成された県庁舎など,近代的な都市建設が近年活発に進められている。【手塚 章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ナンテール【Nanterre】

フランス、パリ西郊の都市。自動車・化学などの工業が発達。パリ第十大学がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンテール
なんてーる
Nanterre

フランス中北部、オー・ド・セーヌ県の県都。人口8万4281(1999)。パリの西北西5キロメートル、セーヌ川左岸に位置する。パリの工業衛星都市で、機械(とくに自動車)、食糧、化学の工業が盛ん。かつてのパリ大学ナンテール校(文学部)、現在のパリ第十大学の所在する大学町でもある。パリの守護聖人サント・ジュヌビエーブの生誕地。一部はラ・デファンス地区の都市改造の影響で大きく変貌(へんぼう)しつつある。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナンテールの関連情報