コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンテール ナンテール Nanterre

4件 の用語解説(ナンテールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンテール
ナンテール
Nanterre

フランス北部,オードセーヌ県の県都。パリ西方,セーヌ川左岸にのぞむ河港・工業都市。パリの郊外工業地区に属し,自動車,電機,工作機械ビスケット,香水などを産する。ルアーブルと石油パイプライン結ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナンテール【Nanterre】

フランス,パリ西方の近郊都市で,オー・ド・セーヌ県の県都。人口8万7000(1990)。北西のセーヌ左岸地帯は,自動車工業化学工業などの工場が並ぶ,古くからの工業地区である。これに対して北東部は,都市再開発地区として世界的に著名なデファンスの西部にあたり,1964年に新設されたパリ第10大学や,72年に完成された県庁舎など,近代的な都市建設が近年活発に進められている。【手塚 章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ナンテール【Nanterre】

フランス、パリ西郊の都市。自動車・化学などの工業が発達。パリ第十大学がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンテール
なんてーる
Nanterre

フランス中北部、オー・ド・セーヌ県の県都。人口8万4281(1999)。パリの西北西5キロメートル、セーヌ川左岸に位置する。パリの工業衛星都市で、機械(とくに自動車)、食糧、化学の工業が盛ん。かつてのパリ大学ナンテール校(文学部)、現在のパリ第十大学の所在する大学町でもある。パリの守護聖人サント・ジュヌビエーブの生誕地。一部はラ・デファンス地区の都市改造の影響で大きく変貌(へんぼう)しつつある。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナンテールの関連キーワードイルドフランスモントリオールパリジャンペルシュロンセリニャンディズニーランドリゾートパリブルカニアヴィ・ド・フランスランジスサン・ドニ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナンテールの関連情報