コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーガールジュナコンダ Nāgārjunakoṇḍa

3件 の用語解説(ナーガールジュナコンダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナーガールジュナコンダ【Nāgārjunakoṇḍa】

インド南東部アーンドラ・プラデーシュ州のクリシュナー川右岸にあった遺跡。ダム建設により水没することになり,1954‐60年に大規模な発掘が行われ,重要な遺構はナーガールジュナサーガルNāgārjunasāgar湖に浮かぶことになった島に移された。当地には旧石器文化,細石器文化,新石器文化,巨石文化の遺跡もあるが,より重要なのは3世紀中期から約1世紀間栄えたイクシュバーク朝の首都ビジャヤプリーVijayapurīの都城と,この王朝の庇護によって造営された多数の仏教寺院とである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ナーガールジュナコンダ(Nagarjunakonda)

インド南東部、アンドラプラデシュ州にある仏教遺跡。ハイデラバードの南東約170キロメートルクリシュナ川沿いに位置する。3世紀初めに興ったイクシュバーク朝の都が置かれた地とされる。名称はサンスクリット語で「竜樹(ナーガールジュナ)の丘」を意味する。ダム建設に伴い、九つの遺構を移設。仏陀の表現の移行期にあたり、仏教美術史上、重要な遺跡として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナーガールジュナコンダ
なーがーるじゅなこんだ
Ngrjunakonda

インドアンドラ・プラデシュ州主都ハイデラバードの南東約170キロメートル、クリシュナ川中流右岸に存在した遺跡。発見された碑文により、3世紀に栄えたイクシュバーク朝の都ビジャヤプリーの跡と考えられる。遺跡には王宮、チャイティヤなどの仏教建築ヒンドゥー寺院など多くの遺構が存在したが、1950年代から始まったダムの建設により水没することになり、重要な九つの遺構が丘の上(現在はダムによってできた人造湖中の島)に移された。年代的にクリシュナ川下流のアマラバティの遺跡に続き、仏教美術のうえからは、仏陀(ぶっだ)を表すのに法輪や仏足のような「シンボル」から「仏像」への移行期にあたり、またヒンドゥー建築もみられるなど、美術史上重要な遺跡である。語義は「ナーガールジュナの丘」で、遺跡のわきの丘上で、仏教中観派の祖龍樹(りゅうじゅ)(ナーガールジュナ)が瞑想(めいそう)をしたことに由来するといわれるが、さだかではない。[辛島 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナーガールジュナコンダの言及

【イクシュバーク朝】より

…都ビジャヤプリーVijayapurīは泥土,のちには煉瓦で築かれた城壁で囲まれ,そこには諸種の建物,貯水池,水浴場などの跡が発掘されている。その近くの有名なナーガールジュナコンダ仏教寺院は王妃などによって建立され,壮大なストゥーパや僧院が発掘され,その彫刻はアマラーバティーの作品に続くアーンドラ地方の仏教美術の傑作として知られている。この王朝はゴア近くの王やシャカ族の王と婚姻関係を結び,南インドの有力な王朝となったが,4世紀中ごろまでに南のパッラバ朝に滅ぼされた。…

※「ナーガールジュナコンダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone