コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナースィレ・ホスロー ナースィレ・ホスロー Nāṣir-e Khusrau, Abū Mu`īn

2件 の用語解説(ナースィレ・ホスローの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナースィレ・ホスロー
ナースィレ・ホスロー
Nāṣir-e Khusrau, Abū Mu`īn

[生]1004. メルブ
[没]1088. ユムガーン
ペルシアの詩人,神学者。若い頃はガズニー朝セルジューク朝に仕えた。のちにメッカ巡礼の途上エジプトで熱烈なイスマーイール派に改宗。帰国後熱心に布教活動を続けたが,正統派に迫害されて山間に避難し,余生を布教と執筆活動に過した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナースィレ・ホスロー
なーすぃれほすろー
Nir-e Khusrau
(1004―1088)

ペルシアの詩人。バルフの近郊の富裕地主の家に生まれる。さまざまな学問を修め、ガズニー朝、セルジューク朝宮廷に書記、詩人として仕えた。40歳にして人生最大の転換期を迎え、職を辞しいっさいを捨てて、1045年から7年間にわたる旅に出立。エジプトのカイロでイスラム・イスマーイール派を信奉するファーティマ朝に仕え、イラン東部における同派布教の任務を授けられた。異端の徒としてセルジューク朝から迫害され、61年ごろアフガニスタンの僻地(へきち)ユムガーンに逃れ、没するまで同地で布教、作詩、執筆活動を続けた。ペルシア文学史上、神学・哲学詩人として高く評価される。『ナースィレ・ホスロー詩集』は元来3万句あったといわれるが、現存は約3分の1にすぎない。叙事詩型による長編教訓詩に『光明の書』と『幸福の書』がある。散文作品としては『旅行記』が代表作。7年にわたる西アジア各地の見聞をまとめたもので、紀行文学として一流の作品であり、11世紀におけるペルシア、アラビア、エジプトなどの事情を知るための資料として珍重される。ほかの散文作品はすべてイスマーイール派の教義に関するもので、『旅人の糧食』『兄弟の食卓』『二賢集合の書』などは同派研究の貴重な文献となっている。[黒柳恒男]
『黒柳恒男著『ペルシアの詩人たち』(1980・東京新聞出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナースィレ・ホスローの関連キーワードジャービルブンハッヤーン没・歿勃・歿・没アールブリュットメーメルブルクルブフキャメルブラック・ボックスDiaz de la Peña,N.ギンメル,N.N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone