ニガクリタケ

百科事典マイペディアの解説

ニガクリタケ

モエギタケ科の小型キノコ。全世界に分布し,周年,山地,路傍の樹の根元,切株などに束生する。全体に硫黄色を帯び,傘(かさ)は径2〜5cm,平滑で,ひだは黄〜暗紫褐色となり,柄の上部には毛状の鐔(つば)状物がある。一見,食べられそうだが毒菌で,中毒死の例もある。食菌のクリタケに似ているが硫黄色(クリタケは茶褐色)でやや小型,苦味があることで区別できる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニガクリタケ
にがくりたけ / 苦栗茸
[学]Naematoloma fasciculare (Fr.) Karst.

担子菌類、マツタケ目モエギタケ科の小形の毒キノコ。傘は径2~5センチメートル、丸山形から扁平(へんぺい)に開く。傘の中央部と茎の下半部が淡褐色である以外は、全体に硫黄(いおう)色ないしレモン色。傘が未開のときには下面に不完全な膜が張るが、開いたあとは、膜はちぎれて傘の縁にその名残(なごり)をとどめる。ひだは初め黄色だが、胞子が熟すにつれて薄墨色となる。胞子紋は紫黒色。初夏から秋にかけて、至る所の倒木や切り株に群生するため、きわめて普通にみかける。分布は世界各地。食菌のクリタケと同属でやや類似するが、クリタケでは茶褐色を呈し、形もやや大きい。また、ニガクリタケの小片を口に入れてかむと、強い苦味がある。ニガクリタケの毒性は激しく、死者も出ているが、中毒例は意外に少ない。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニガクリタケの言及

【クリタケ(栗茸)】より

…広く食用キノコとして親しまれ,クリノキモタセ,アカキノコ,アカンボウ,ヤマドリモタセなど地方名も多い。しかし近縁種に毒が強いニガクリタケN.fasciculare (Fr.) Karst.があるので,注意が必要である。これはクリタケよりもふつうにみられ,クリタケと同じ切株から生えていることさえある。…

※「ニガクリタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android