コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクラウス ニクラウスNicklaus, Jack (William)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニクラウス
Nicklaus, Jack (William)

[生]1940.1.21. オハイオ,コロンバス
アメリカのプロゴルファー。オハイオ州立大学在学中の 1959,1961年全米アマチュア選手権をとり,1962年にプロに転向し,その年全米オープンゴルフ選手権大会に優勝。その後,全米プロ選手権マスターズトーナメント全英オープンゴルフ選手権大会など世界のビッグトーナメント選手権を次々に手中にしグランドスラム (四冠王) を達成,世界のトッププレーヤーとなった。 1972年ゴルフ史上初の 150万ドルプレーヤーとなる。 1974年世界ゴルフ殿堂入りした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニクラウス
にくらうす
Jack William Nicklaus
(1940― )

アメリカのプロゴルファーオハイオ州生まれる。彼の呼び名はゴールデン・ベア(金熊)から帝王に変わり、世界のトッププロとして40年以上にもおよび活躍した。全米オープン(1962、67、72、80)、全英オープン(1966、70、78)、全米プロ(1963、71、73、75、80)、マスターズ(1963、65、66、72、75、86)に優勝。メジャー優勝18回は不滅の最高記録を誇っている。後進の指導、コース設計、トーナメントの主催などゴルフ界への貢献度も大きく、A・パーマーとともにゴルフをメジャー・スポーツにした功労者でもある。2005年7月の全英オープンを最後に引退した。[水谷 準・塩田 正]
『ジャック・ニクラウス著、岩田禎夫訳『ゴルフマイウェイ』(1974・講談社) ▽ジャック・ニクラウス、ケン・バウデン著、菊谷匡祐訳『ジャック・ニクラウス自伝』(2000・飛鳥新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニクラウスの関連キーワード新体制運動ウォルシュベビン杉原千畝喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画国民服トレベリアン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニクラウスの関連情報