コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコルプリズム Nicol prism

3件 の用語解説(ニコルプリズムの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ニコルプリズム【Nicol prism】

偏光プリズムの一種。方解石の結晶から三角柱形の二片を作り、接合剤で貼り合わせたもの。完全な直線偏光が得られる。ニコルが発明した。ニコル。偏光ニコル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ニコルプリズム

直線偏光を得るために方解石でつくったプリズム。方解石のへき開片を切り,画面が68°になるようにしたものを対角線で切断し,カナダバルサムで再びはり合わせる。入射光は複屈折により常光線と異常光線に分けられ,常光線は接合面で全反射し,異常光線だけが透過して直線偏光が得られる。
→関連項目干渉色反射顕微鏡偏光顕微鏡偏光子偏光プリズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

法則の辞典の解説

ニコルプリズム【Nicol prism】

透明方解石の結晶を自然劈開面に沿って切り出し,その後直角三角柱の一つの角を,天然の71° のところを68° に研磨してつくった三角柱状のものを2枚つくって,図のようにカナダバルサムを用いて接合してつくった偏光プリズム.複屈折のために異常光線と常光線に分かれた光のうち,常光線は接合面で全反射される.現在では使用波長領域の制限などいろいろな制限条件のために以前ほどは使われなくなったが,偏光子の意味で「ニコル」という言葉が使われるほど歴史的に有名な光学素子である.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のニコルプリズムの言及

【複屈折】より

…雲母などがこれに属する。 複屈折の応用として,偏光によって屈折率の異なることを利用して一つの偏光のみを取り出せるようにしたニコルプリズムなどの偏光子がある。また,相互に直交した二つの偏光の位相差を変えることを目的とする結晶板や,それの波長依存性を利用した複屈折フィルターなどが作られている。…

【プリズム】より

…(3)偏光プリズム 結晶の複屈折を利用して直線偏光を作るプリズムで,方解石や水晶などを光学軸に対して適当な角度に切断研磨したものを組み合わせて作る。ニコルプリズム(図5),グラントムソンプリズム,ウォラストンプリズム,ロションプリズムなどがある。ニコルプリズムは,方解石から作った同形の2個のプリズムをカナダバルサムで接合し,接合面で全反射された常光線を側面で吸収させ,異常光線だけを取り出して使用する。…

【偏光器】より

…(2)2個の複屈折結晶プリズムを組み合わせ,一方の直線偏光成分を全反射により除去する素子。これにはニコルプリズム,グラン・トムソンプリズムなどがある。(3)一方の直線偏光成分のみを強く吸収するような媒質を利用する素子。…

※「ニコルプリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone