コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッケル鋼 ニッケルコウ

4件 の用語解説(ニッケル鋼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニッケル‐こう〔‐カウ〕【ニッケル鋼】

ニッケルを含む合金鋼炭素鋼に比べ、強靭(きょうじん)で耐食性が大。構造用鋼・耐食合金として利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニッケル鋼【ニッケルこう】

ニッケルを添加した合金鋼で,低温や極低温でも靭性(じんせい)をもつことを目的としたものが重要。ニッケルを9%含んだ9%ニッケル鋼,5.5%含んだ5.5%ニッケル鋼(五半ニッケル鋼),TRIP鋼などがある。
→関連項目ニッケル合金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ニッケルこう【ニッケル鋼】

ニッケル1~3.5パーセントを含む鋼。炭素鋼に比べ、強靭で耐食性が大きい。構造用部品や耐食製品などに利用したが、現在はほとんど使われない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッケル鋼
にっけるこう
nickel steel

ニッケルを数%以下添加した機械構造用鋼焼入れ性を向上させるためにニッケルを添加するが、その効果は小さく、またニッケルが高価であり、現在用いられない。鉄は低温で甚だもろくなる性質があるが、ニッケルを添加すると低温靭性(じんせい)を高める。液化天然ガス貯蔵タンクなどには、ニッケルを9%添加した9%ニッケル鋼が用いられる。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニッケル鋼の言及

【高張力鋼】より

…このフェライトの性質を変えることのできる合金元素として知られているのがニッケルである。とくにニッケルを9%含んだ9%ニッケル鋼および5.5%含んだ5.5%ニッケル鋼(通称五半ニッケル鋼)が低温用鋼として開発された。ニッケルが鋼に添加されるとオーステナイトが安定となり,かなりの量のオーステナイトが未変態のまま残留する。…

※「ニッケル鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニッケル鋼の関連キーワード低温工学ニッケルクロム鋼ステンレスニッケル銅ニッケル鍍金超極低温超低温ニッケル乾電池フェロニッケル構造用合金鋼

ニッケル鋼の関連情報