コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッケル鋼 ニッケルコウ

4件 の用語解説(ニッケル鋼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ニッケル‐こう〔‐カウ〕【ニッケル鋼】

ニッケルを含む合金鋼炭素鋼に比べ、強靭(きょうじん)で耐食性が大。構造用鋼・耐食合金として利用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ニッケル鋼【ニッケルこう】

ニッケルを添加した合金鋼で,低温や極低温でも靭性(じんせい)をもつことを目的としたものが重要。ニッケルを9%含んだ9%ニッケル鋼,5.5%含んだ5.5%ニッケル鋼(五半ニッケル鋼),TRIP鋼などがある。
→関連項目ニッケル合金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ニッケルこう【ニッケル鋼】

ニッケル1~3.5パーセントを含む鋼。炭素鋼に比べ、強靭で耐食性が大きい。構造用部品や耐食製品などに利用したが、現在はほとんど使われない。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッケル鋼
にっけるこう
nickel steel

ニッケルを数%以下添加した機械構造用鋼焼入れ性を向上させるためにニッケルを添加するが、その効果は小さく、またニッケルが高価であり、現在用いられない。鉄は低温で甚だもろくなる性質があるが、ニッケルを添加すると低温靭性(じんせい)を高める。液化天然ガス貯蔵タンクなどには、ニッケルを9%添加した9%ニッケル鋼が用いられる。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のニッケル鋼の言及

【高張力鋼】より

…このフェライトの性質を変えることのできる合金元素として知られているのがニッケルである。とくにニッケルを9%含んだ9%ニッケル鋼および5.5%含んだ5.5%ニッケル鋼(通称五半ニッケル鋼)が低温用鋼として開発された。ニッケルが鋼に添加されるとオーステナイトが安定となり,かなりの量のオーステナイトが未変態のまま残留する。…

※「ニッケル鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニッケル鋼の関連情報