コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュース映画 ニュースえいが newsreel

翻訳|newsreel

4件 の用語解説(ニュース映画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュース映画
ニュースえいが
newsreel

現実の時事的な出来事を報道する映画。映画の初期にはアメリカキューバ戦争,ロシアニコライ2世戴冠式,アジア北清事変日露戦争の実写など,ニュース映画が映画の主流を占めていた。その後,劇映画が映画の主流となったが,実写の魅力と広範囲ニュースソースが人気を呼び,定期的に映画館などで上映された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニュース‐えいが〔‐エイグワ〕【ニュース映画】

時事的な話題を中心に、トピックをいくつかまとめて報道する短編の記録映画

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニュース映画【ニュースえいが】

ニューズリール。社会全般のニュースを撮影・編集して定期的に発売される映画。ふつう週ごとで1巻もの。フランスの《パテ・ジュルナール》(1909年),日本では大阪毎日の《キネマ・ニュース》(1924年)が始まり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニュース映画
にゅーすえいが

時事・時局的なできごとを報道する映画。英語はニューズリールnewsreel。映画の草創期は、ニュース映画とドキュメンタリー映画(記録映画)とは区別なく考えられていたが、ニュース映画が定期上映の形をとるようになったころから、ニュースの報道を第一義とする特質が明確になった。
 映画の開拓者リュミエール兄弟は、1896年からカメラマンを世界各地に派遣し、ニコライ2世の戴冠(たいかん)式やビクトリア女王の葬儀などのトピックを映画化しており、日本でも義和団事件が勃発(ぼっぱつ)した1900年(明治33)に従軍撮影班が派遣された。07年にフランスのパテ社によって定期ニュース映画がつくられ、3年後には「パテ週報」が登場した。この影響を受け、定期発行の形式はアメリカの「インターナショナル・ニューズリール」など各国に波及した。それまで「実写」または「出来事」とよばれていた日本でも、1914年(大正3)「東京シネマ画報」が毎月2回の発行を試みる。そのほか、大阪毎日新聞社による「大毎キネマニュース」(1924)、東京朝日新聞社による「朝日映画週報」(1924)などを経て、毎週、劇映画とともに併映、定期発行されるようになるのは、30年(昭和5)の「松竹ニュース」からである。
 国家がニュース映画の重要性を認識するようになったのは両大戦の時期である。参戦国は有力なプロパガンダの武器として、新聞など活字媒体よりはるかに迫真性をもち、大衆参加に有利なニュース映画の効果に着目し、製作は活発化した。なかでも効果をあげたのがドイツで、第一次世界大戦では政府が自ら設立した映画報道機関を通じて宣伝手段として利用し、第二次大戦でも宣伝相ゲッベルスが、愛国心を高揚しナチズムを信奉させるため大いに活用した。日本でも、国策ニュースを浸透させるため民間の主要な製作団体を統合した「社団法人日本ニュース映画社」が1940年に創設され、同時に映画法による強制上映も実施された。
 第二次大戦でニュース映画は全盛を極めたが、その後、アメリカをはじめとするラジオ・テレビ先進国では、速報性の点で追い付けず、先細りになっていった。戦後の日本では映画産業全体の活況とともに、新聞社から独立したニュース映画製作会社も増え、劇映画の配給系統がそれぞれのニュース映画を併映し、スポーツニュースや海外ニュースなども組まれた。戦中・戦後の映画全盛期にはニュース映画の専門館さえできるほど活況を呈したこの分野も、テレビ時代の到来とともに退潮を続け、テレビニュースに対抗するさまざまな編集上のくふう(特集など)もされてきたが、近年はほとんど影を潜めてしまった。[奥村 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニュース映画の言及

【映画】より

…社会主義社会,全体主義国家,新興国が,映画をもっとも有効な宣伝手段として育て,利用してきたのも当然であった。例えば,〈十月革命〉とともに生まれたソビエト映画が,〈あらゆる芸術のなかで,われわれにとって最も重要なものは映画である〉〈ソビエトの現実を映し出す新しい映画作品の創造は,まずニュース映画からはじめなければならない〉というレーニンの宣言とその精神に即して発展したことはいうまでもない。政府の支持の下に,クレショフの映画実験工房やジガ・ベルトフの実験的記録映画〈キノ・グラス(映画眼)〉運動が推進されたのである。…

【日本映画】より

…而してその動員は,我国映画事業並に映画内容の現状に鑑み,国家の立場よりする統制の形態をとらざるべからざることも亦自明の理だ〉と述べた一文が見られ,国家にとって映画がいかに重視すべきものであったかをよく伝えている。こうして38年の国家総動員法公布を経て,第2次大戦の始まった39年,映画法が施行され,映画製作・配給の許可制,映画製作に従事する者(監督,俳優,カメラマン)の登録制,劇映画脚本の事前検閲,文化映画・ニュース映画の強制上映,外国映画の上映制限などが法定化された。この間,いわゆる日華事変の起こった1937年には中国東北部に満州映画協会が,映画法施行の39年には中国南京に中華電影,中国北京に華北電影が,いずれも国策会社として設立されて,国家による日本外地での映画工作が広がっていった。…

※「ニュース映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニュース映画の関連キーワードサイレント映画アクチュアル映画館現実主義時事実写珍事報道機関同会被同会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニュース映画の関連情報