コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュートン力学 ニュートンりきがくNewtonian mechanics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュートン力学
ニュートンりきがく
Newtonian mechanics

ニュートン運動の法則に基づいた力学。系に作用する力を既知として系の運動を論じるニュートン形式と,これを数学的に整備・発展させ,系の力学的エネルギーなどを既知として系の運動を論じる解析力学とに大別される。ニュートン力学は,光速度に比べて遅い速度の巨視的物体の運動に対し有効に適用される。光速度に近い高速度の運動に対しては相対論的力学に修正され,また分子,原子,原子核などの微視的な系に対しては量子力学が適用される。これらの力学に対してニュートン力学は古典力学とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ニュートンりきがく【ニュートン力学】

ニュートンの運動の法則を基礎として組み立てられた力学。古典力学・古典物理学の基本。相対論的力学や量子力学に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のニュートン力学の言及

【力学】より

…もっとも,自然現象を,こうして物体(物質)と運動(とその原因としての力)との関係だけで眺めようとする力学的=機械論的自然観は,ニュートンにではなく,むしろデカルトに由来すると考えられる(ニュートンは〈mechanical〉ということばを随所に否定的な価値を与えて使っている)。 しかし,18世紀フランスの啓蒙主義者がニュートンの力学を,デカルト的自然観のなかに受けいれ,その数学的洗練化(ラグランジュの運動方程式など)を図ったことから,天体の運行は月のような例外的な場合を除いてほとんど間然するところなくニュートン力学によって記述できるようになり,天体力学を中心として力学が知識のうえにもつ強大な力は確立されたといってよい。それはまた解析力学と呼ばれる数学的にみごとな形式を備えた体系でもあった。…

※「ニュートン力学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニュートン力学の関連キーワードラグランジュの運動方程式ガリレイの相対性原理ニュートンの水桶実験アインシュタイン効果ニュートンの宇宙ハミルトンの原理ラグランジュ関数相対論的量子力学B. ヘッセンローレンツ変換モーペルチュイガリレイ変換相対論的粒子原子軌道関数プリンキピア慣性座標系運動方程式人間本性論公理的方法近日点移動

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニュートン力学の関連情報