コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューペインティング new painting

デジタル大辞泉の解説

ニュー‐ペインティング(new painting)

1980年代に入って盛んになった具象絵画の一傾向。原色を用い、自由で荒々しい筆致で描く。新表現主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ニューペインティング【new painting】

1980年代に世界的に擡頭してきた現代絵画の動向。暴力・死・性などのイメージを大画面に荒々しく描く。新表現主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ニューペインティングの関連キーワードシュナーベル(Julian Schnabel)ホイットニー・アメリカ美術館ネオ・エクスプレッショニズムネオ・エクスプレショニズムトランスアバンギャルディアフランチェスコ クレメンテジュリアン シュナーベルグラフィティ・アートアプロプリエーションポスト・モダニズムミニマル・アートパンク・アートアンフォルメルサンドロ キアポスト・モダンアメリカ美術シュナーベルクレメンテ現代美術キッチュ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android