コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュー・ステーツマン ニュー・ステーツマン New Statesman

2件 の用語解説(ニュー・ステーツマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュー・ステーツマン
ニュー・ステーツマン
New Statesman

イギリスの高級週刊誌。 1913年イギリスの政治家 S.ウェッブとその妻とが G.B.ショーらの協力を得て創刊。 31年自由党革新系『ネーション』と合併して『ニュー・ステーツマン・アンド・ネーション』となったが,57年創刊当初の誌名に復した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニュー・ステーツマン
にゅーすてーつまん
New Statesman

イギリスの評論週刊紙。1913年バーナード・ショーら進歩的な知識人の協力で創刊されて以来、社会主義的な見地から政治、文学、美術を対象に編集されている。新聞として登録されているが、全60ページで雑誌的性格が強い。署名原稿が中心である。31年『ネーション』Nation紙と合併して『ニュー・ステーツマン・アンド・ネーション』となったが、57年元の名に戻った。発行部数2万6000部(1986)。対抗紙に保守的な『スペクテーター』The Spectatorがある。[青木日出夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニュー・ステーツマンの関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議いいぎりイギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリス組曲イギリスの名車Miniバースデーの日イギリス下見イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニュー・ステーツマンの関連情報