ニンテンドーDS(読み)にんてんどーでぃーえす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニンテンドーDS
にんてんどーでぃーえす

2004年(平成16)12月に発売された任天堂の携帯型ゲーム機。本体は折りたたみ式で上下二つの画面をもち(DSはDouble ScreenあるいはDual Screenの略とされる)、画面やモードを切り替えずにゲームを進められることが特徴。音声認識のほか、付属のタッチペンやタッチストラップ、指などで画面に直接触れて操作することもできる。また、料理のレシピ集や家計ダイアリー、脳の機能低下を防いだり英語力を鍛えるという各種トレーニング、マジック、電子辞書など、幅広い層が楽しめるゲーム以外のソフトウェア群「Touch! Generations(タッチ・ジェネレーションズ)」発売により、それまでゲームに無関心だった層を取り込み、ゲーム人口を拡大することに成功した。2007年12月までの累計販売台数は2110万台で、この時点で国内でもっとも売れたゲーム機である。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵の解説

ニンテンドーDS

任天堂が2004年11月に発売した携帯ゲーム機。折り畳み型のボディーに、表示専用液晶画面と、タッチセンサーを備える液晶画面の2つを組み込んだ形状が特徴。「ボタン操作」にこだわらないペン操作や音声入力を生かしたゲームが楽しめる。無線LAN機能を内蔵、簡単な操作で世界中の人々と対戦することも可能だ。当初は同時期発売のライバルPSP」と同レベルの売れ行きであったが、05年5月、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を発売、これが幅広い年齢層に売れ続けたところからブームに火が付き、08年現在では、据え置き型を含め、最も売れているゲーム機となっている。07年9月現在、全世界で5364万台を出荷した。近年は、06年3月に発売した、「ニンテンドーDS Lite」が主力製品。初代機に比べ液晶画面が明るく、本体が小型化されているのが特徴。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ニンテンドーディーエス【ニンテンドーDS】

任天堂の携帯型ゲーム機。平成16年(2004)にゲームボーイアドバンスの後継機種として発売。折りたたみ型でタッチスクリーン式の液晶画面を2つ搭載し、ペン型の入力装置による操作が可能。無線通信機能を備え、最大16台で対戦型ゲームやデータ交換ができる。派生製品として小型軽量化を図ったニンテンドーDS Lite、カメラやSDメモリーカードスロットを搭載し、無線通信機能を強化したニンテンドーDSiがある。◇欧文表記は「NINTENDO DS」。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ニンテンドーDS

任天堂の最新携帯型ゲーム機。発売は2004年12月。上下に2枚の液晶パネルをそなえ、同時に2つの視点からゲームを楽しめる他、下側の画面はタッチパネルとしても利用できる。また、IEEE802.11および独自プロトコルの2方式によるワイヤレス通信機能もそなえている。専用ソフトだけでなく、ゲームボーイアドバンス用のソフトも利用できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android