コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーベルスン ニーベルスン Nevelson, Louise

3件 の用語解説(ニーベルスンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニーベルスン
ニーベルスン
Nevelson, Louise

[生]1899/1900.9.23?キエフ
[没]1988.4.17. ニューヨーク
ロシア出身のアメリカの女性彫刻家。 1905年アメリカに移住,1929~30年アート・スチューデンツ・リーグで K.H.ミラーに,1931~32年ミュンヘンで H.ホフマンに学ぶ。 1951~52年メキシコを訪れてその美術と遺跡を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ニーベルスン【Louise Nevelson】

1900~1988) アメリカの彫刻家。ロシア生まれ。廃品を黒や銀で彩色し、木箱につめて積み上げた作品を制作。代表作「空のカテドラル」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニーベルスン
にーべるすん
Louise Nevelson
(1900―1988)

アメリカの女流彫刻家。ロシアのキエフに生まれたが、幼いころに家族とともにアメリカに移住。1920年にチャールズニーベルスンと結婚してニューヨークに定住した。このころから絵画、声楽、演劇、舞踏を学び、31年ヨーロッパに留学してハンス・ホフマンに師事する。40年代からは彫刻に専念し、57年以降、机や椅子(いす)、階段の手すり、窓枠といった家具の断片を寄せ集めて、廃品によるアセンブリッジ(物体の集積)の作品で一躍注目を集めた。集められた廃品は箱に詰められて黒塗りにされ、同一単位の箱が重ねられ増殖して、壁面に茫洋(ぼうよう)としたレリーフ状の空間をつくりだすところに特徴がある。[石崎浩一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニーベルスンの関連キーワード樽野武雄キエフ公国消え消え森枳園えきえ星オレキエッテキエフテレビタワー花崗石英粗面岩酒井田柿右衛門(9代)林喜右衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone