コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌアディブー ヌアディブー Nouadhibou

3件 の用語解説(ヌアディブーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌアディブー
ヌアディブー
Nouadhibou

旧名ポールテティエンヌモーリタニア北西部,ダフレヌアディーブ行政区の行政庁所在地西アフリカ大西洋に面する港湾都市西サハラとの国境付近,突出した砂丘によるヌアディブー岬上に位置し,天然の良港に恵まれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヌアディブー(Nouadhibou)

モーリタニア西部、大西洋岸にある港湾都市。旧称ポールエティエンヌ。沖合は好漁場として知られる。内陸都市ズエラットと鉄鉱石搬出のためのモーリタニア鉄道で結ばれる。南にのびる半島の先端にヌアディブー岬、南東にバンダルギン国立公園がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌアディブー
ぬあでぃぶー
Nouadhibou

西アフリカ、モーリタニア北部の大西洋岸にある港湾都市。旧称ポール・エティエンヌ。この国第二の都市で、人口7万5976(2000)。沿岸は世界的な好漁場で、各国漁船団の基地がある。同国の重要な輸出品である鉄鉱石の積出し港や石油精製工場がある。周囲は砂漠で、飛砂が多い。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌアディブーの関連キーワードウアンボシディイフニドリシーピューリタニズムマルデルプラタモーリタニアナミベズエラットポールエティエンヌプエルト・バリオス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone