コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーニバク島 ヌーニバクとう Nunivak Island

2件 の用語解説(ヌーニバク島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーニバク島
ヌーニバクとう
Nunivak Island

アメリカ合衆国,アラスカ州西岸沖のベーリング海の島。長さ 90km,幅 64km,最高点は標高 251mである。エトリン海峡で本土とへだてられ,生物保護地となっている。特に有名なのはトナカイ,ジャコウウシ,海岸の鳥類などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌーニバク島
ぬーにばくとう
Nunivak

アメリカ合衆国、アラスカ州南西部、ベーリング海上の島。アラスカとの間にイトリン海峡がある。面積2615平方キロメートル。比較的低平な土地からなり、高い所で260メートル程度。数百人のエスキモーが住み、町としてはナッシュ・ハーバーとメコリュクがある。漁猟と工芸がおもな産業である。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌーニバク島の関連キーワードアメリカンアラスカ合衆国ネブラスカアラスカン・クリー・カイアラスカ[州]アレウト[列島]キスカ[島]プリビロフ[諸島]アラスカ[山脈]