コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーニバク島 ヌーニバクとうNunivak Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーニバク島
ヌーニバクとう
Nunivak Island

アメリカ合衆国,アラスカ州西岸沖のベーリング海の島。長さ 90km,幅 64km,最高点は標高 251mである。エトリン海峡で本土とへだてられ,生物保護地となっている。特に有名なのはトナカイ,ジャコウウシ,海岸の鳥類などである。人口 177 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌーニバク島
ぬーにばくとう
Nunivak

アメリカ合衆国、アラスカ州南西部、ベーリング海上の島。アラスカとの間にイトリン海峡がある。面積2615平方キロメートル。比較的低平な土地からなり、高い所で260メートル程度。数百人のエスキモーが住み、町としてはナッシュ・ハーバーとメコリュクがある。漁猟と工芸がおもな産業である。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android