ヌーニバク島(読み)ヌーニバクとう(英語表記)Nunivak Island

  • Nunivak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ合衆国アラスカ州南西岸沖のベーリング海の島。東西 90km,南北 64kmと,ベーリング海の島で 2番目に大きい。最高点は標高 251m。イトリン海峡で本土と隔てられ,ユーコンデルタ野生生物保護区の一角をなす。特にトナカイジャコウウシ,海鳥類で有名。最大集落は北東部のメコリャック。おもな住民は,ヌニウォーミアットあるいはキューピック・エスキモーと呼ばれる先住民で,少なくとも 2000年前から島に居住しているとみられ,伝統的な生活様式が残っている。面積 4000km2,人口 177 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ合衆国、アラスカ州南西部、ベーリング海上の島。アラスカとの間にイトリン海峡がある。面積2615平方キロメートル。比較的低平な土地からなり、高い所で260メートル程度。数百人のエスキモーが住み、町としてはナッシュ・ハーバーとメコリュクがある。漁猟と工芸がおもな産業である。

[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android