コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミゴチ Repomucenus curvicornis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズミゴチ
Repomucenus curvicornis

スズキ目ネズッポ科の海水魚。別名ノドクサリ。全長 20cm内外。体は長く,やや縦扁する。ことに頭部は縦扁する。口は小さく,吻がやや突き出ている。前鰓蓋骨のとげは大きく,その内側に 2~4本の突起がある。鱗はない。体は褐色で,下面は白く,雌の第1背鰭の後部には大きな黒点がある。新潟県・宮城県仙台湾から九州,南シナ海の沿岸に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミゴチ
ねずみごち / 鼠鯒
Richardson dragonet
[学]Repomucenus richardsonii

硬骨魚綱スズキ目ネズッポ科に属する海水魚。日本列島、東シナ海、南シナ海各沿岸に分布する。体長17センチメートル余りになる。雄は成長すると体の側面の下半分に黒っぽい斜線が多く出る。雄の未成魚および雌の成魚は第1背びれに大きな黒点が1個ある。雌雄とも背びれの棘(とげ)が長く伸びない。沿岸の砂底のごく浅い所に生息し、底生小動物を捕食して生活する。産卵期は春から初夏にかけてである。近縁種にトビヌメリR. beniteguri、セトヌメリR. ornatipinnisがいる。いずれの種も、煮つけ、てんぷらなど食用にされる。[中坊徹次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネズミゴチの関連キーワードハタタテヌメリトビヌメリコチ(鯒)メゴチ雌鯒鼠坊喉腐

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android