コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミザメ ネズミザメ Lamna ditropis; salmon shark

2件 の用語解説(ネズミザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズミザメ
ネズミザメ
Lamna ditropis; salmon shark

ネズミザメ目ネズミザメ科の海水魚。全長 3m。体は紡錘形で,吻がややとがる。第1背鰭は大きい。体の背部は青灰色で,腹面は白い。性質は荒く,ほかの大型魚類を捕食する。胎生。寒海性のサメで,九州・四国以北,北部北太平洋に分布し,季節により南-北に回遊する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミザメ
ねずみざめ / 鼠鮫
salmon sharkporbeagle
[学]Lamna ditropis

軟骨魚綱サメ目ネズミザメ科に属する海水魚。ラクダザメともいう。日本近海では東北・北陸地方および北海道に分布し、さらに北太平洋に広く分布する。尾びれの下葉がよく発達し全体的に三日月形の尾びれをしていること、上下両顎(りょうがく)の歯がナイフ形でその両側に小さな側尖頭(そくせんとう)をもつこと、尾柄(びへい)部に2本のキール(隆起縁)があることが特徴。寒海性のサメで、春から夏にかけて北上し、秋から冬にかけて南下する。日本近海のものはいくつかの系群に分けることができる。また、成熟している個体は雌雄で生息域を別にしている。生殖は卵食生という特殊な方式で、子は母ザメの子宮内で自分の卵黄を消費して孵化(ふか)するが、その発育はまだ未熟で、子宮の中に卵黄が卵巣から供給され、子ザメはこの卵黄を母体内で食べ、60センチメートルくらいになって春期に産み出される。生まれる子ザメの数は4、5尾である。
 ネズミザメ類は世界から数種の名前が報告されており、大西洋の南北両海域にはニシネズミザメL. nasusが分布する。南太平洋からは別の名のネズミザメが知られているが、これはニシネズミザメの可能性がある。ニシネズミザメは腹部が純白であるのに対し、北太平洋のネズミザメは少なくとも成魚では腹部に不定形の暗色斑紋(はんもん)があるのが特徴。全長3メートルになる。北太平洋ではサケ・マス類を貪食(どんしょく)するので害魚とされているが、肉はステーキにされるほか、練り製品の原料などに利用される。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネズミザメの関連キーワードホオジロザメ青鮫姥鮫尾長鮫撞木鮫奴智鮫鼠鮫虎鮫モウカザメネズミザメ(鼠鮫)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネズミザメの関連情報