コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネダニ bulb mite

2件 の用語解説(ネダニの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ネダニ【bulb mite】

コナダニ科のダニ。胴部は卵形,乳白色で光沢をもち,部分的に褐色。顎体部や脚は赤褐色。雌は体長0.7mm内外,脚は太短く,第3,4脚は通常は胴部の下にほとんど隠れていて見えない。脚の毛の一部は円錐形で,太い。雄は体長0.6mm内外,第4脚は末端節に2個の吸盤を付属する。二つの若虫期の間に不活動のヒポプスhypopus期がある場合と,ヒポプスを経ないで発育が進む場合とがある。世界共通の農業害虫で,ユリ,ラッキョウ,ネギ,タマネギチューリップなど多くの植物の球根を食害する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネダニ
ねだに / 根
bulb mites

節足動物門クモ綱ダニ目コナダニ科ネダニRhizoglyphusのダニの総称。体長0.5~0.9ミリメートル、雄は雌に比べてずっと小さい。体はつやのある乳白色でずんぐりとした形、脚(あし)も太くて短い。つめが強大である点でほかのコナダニと区別される。動作はきわめてゆっくりしている。ラッキョウ、タマネギ、チューリップ、グラジオラス、スイセンなどの球根を食害する。地中の球根にも貯蔵中の球根にもつき、ネダニに食われた球根にはカビが生える。カビが生えた球根をネダニが好むともいわれる。従来、ネダニR. echinopusとされていたものの多くは、ロビンネダニR. robiniであることがわかり、名称は混乱している。[青木淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネダニの関連キーワードケナガコナダニ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone