コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネダニ bulb mite

世界大百科事典 第2版の解説

ネダニ【bulb mite】

コナダニ科のダニ。胴部卵形乳白色で光沢をもち,部分的に褐色。顎体部や脚は赤褐色。雌は体長0.7mm内外,脚は太短く,第3,4脚は通常は胴部の下にほとんど隠れていて見えない。脚の毛の一部は円錐形で,太い。雄は体長0.6mm内外,第4脚は末端節に2個の吸盤を付属する。二つの若虫期の間に不活動のヒポプスhypopus期がある場合と,ヒポプスを経ないで発育が進む場合とがある。世界共通の農業害虫で,ユリラッキョウ,ネギ,タマネギチューリップなど多くの植物の球根を食害する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネダニ
ねだに / 根
bulb mites

節足動物門クモ綱ダニ目コナダニ科ネダニ属Rhizoglyphusのダニの総称。体長0.5~0.9ミリメートル、雄は雌に比べてずっと小さい。体はつやのある乳白色でずんぐりとした形、脚(あし)も太くて短い。つめが強大である点でほかのコナダニと区別される。動作はきわめてゆっくりしている。ラッキョウ、タマネギ、チューリップ、グラジオラス、スイセンなどの球根を食害する。地中の球根にも貯蔵中の球根にもつき、ネダニに食われた球根にはカビが生える。カビが生えた球根をネダニが好むともいわれる。従来、ネダニR. echinopusとされていたものの多くは、ロビンネダニR. robiniであることがわかり、名称は混乱している。[青木淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネダニの関連キーワード殺ダニ剤根蜱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android