ネメア(英語表記)Nemea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネメア
Nemea

古代ギリシア,ペロポネソス半島のアルゴリス地方の北辺にあった盆地。クレオナイの領域。ヘラクレスライオンを退治した地といわれる。ネメア競技会もここで行われた。 20世紀に入って,前4世紀のゼウスの神殿,大祭壇などが発掘された。なお,ここから北流し,コリントシキュオンの国境となっていた川もネメアと呼ばれ,コリント戦争の最初の戦闘の場として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネメア
ねめあ
Nema

ギリシアのペロポネソス半島北東部の遺跡の地。ネメア川上流の谷あいにあり、ペロポネソス半島と中部ギリシアを結ぶ交通路上に位置する。古代に領有したポリスは、初めクレオナイ、紀元前5世紀以降はアルゴスであった。伝説上ヘラクレスが獅子(しし)を退治した場所であり、またゼウスの聖地で、この神に捧(ささ)げられるネメア祭は、前573年以後、2年ごとに行われる全ギリシア的な祭典となった。前4世紀後半に建て直されたゼウス神殿は古代末期までに破壊され、中世から19世紀まではほとんど無人の地であった。今日のネメア村は、遺跡の西約6.5キロメートルの所にあり、谷一帯は赤ぶどう酒の産地である。[清永昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネメアの言及

【アルゴリス】より

…アルゴスの力のおよばないこの地方の東部には,エピダウロス,ヘルミオネ,トロイゼンなどの諸市があったが,なかでもエピダウロスは,医学の神アスクレピオスの神域と野外円形劇場の遺跡によって名高い。アルゴリス北部の都市クレオナイの領域内に含まれるネメアNemeaも,ゼウス神殿とその祭典に伴って催される体育競技とによって,古代ギリシア人の間で宗教上の一中心地としての役割を果たした。【伊藤 貞夫】。…

※「ネメア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android