ノイツ(英語表記)Nuyts, Pieter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイツ
Nuyts, Pieter

[生]?
[没]1655
オランダ東インド会社の台湾長官 (在任 1627~29) 。 1627年東インド総督府員外参事としてバタビアに着任,次いで台湾長官に任じられて台湾安平 (タイオワン) にあったゼーランディア城に入り,この年8月,台湾貿易についての日蘭紛争解決交渉のため来日,江戸におもむいたが,将軍の謁見を許されず帰任。翌 28年,武装してタイオワンに来た浜田弥兵衛をいったんは捕えたが,おどされて和解。このため江戸幕府は,オランダの対日貿易を禁止し,弥兵衛とともに日本に来た人質とオランダ船員を抑留した。これが浜田弥兵衛事件である。ノイツは事件の責任者として,人質解放のために日本に来て,平戸に監禁された。商館長 N.クーケバッケルの尽力で,36年解放されてバタビアに帰り,本国に送還された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android