コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノクトビジョン noctovision

翻訳|noctovision

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノクトビジョン
noctovision

赤外線暗視装置。暗いところにある物体に赤外線を当てて対象を見るもの。照射され対象に当って反射してきた赤外線をレンズ像変換管 (イメージ管) の光電面に結像させ,このケイ光像をレンズで拡大して見る。暗夜の監視のほか,赤外線カメラ,文書などの鑑識,半導体結晶の検査,医用装置として眼底検査などその用途は広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノクトビジョン

赤外線暗視装置

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

ノクトビジョン

 夜間撮影をするための装置で、赤外光を使って被写体を照射し、反射した赤外光を蛍光面などに表示する装置だが、これをカメラと組み合わせた製品もあった。なお、ノクトビジョンは商品名である。また、赤外光を使わずに、光を電気的に増幅して夜間撮影ができる装置もあるが、これはイメージインテンシファイアー(=image intensifier)といい、ノクトビジョンとは区別している。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ノクトビジョン【noctovision】

暗視装置の一。赤外線を利用して暗闇の中で視界を得る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノクトビジョン
のくとびじょん
noctovision

赤外線を対象物に当てて、そこから反射された赤外線を受け、それを処理することで、暗夜や霧のために肉眼で見ることができない物体や人物を可視化する装置。アクティブ方式の暗視装置。より詳しい解説については「暗視装置」の項目を参照されたい。[吉川昭吉郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノクトビジョンの言及

【暗視装置】より

…ノクトビジョンとも呼ばれ,夜間,暗闇で相手に気づかれず物を見る装置である。第2次世界大戦中,1943年にドイツで戦車砲の夜間照準用に開発され,翌年に東部戦線で使用された。…

※「ノクトビジョン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android