コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノドサウルス ノドサウルス Nodosaurus

3件 の用語解説(ノドサウルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノドサウルス
ノドサウルス
Nodosaurus

爬虫類鳥盤目曲竜亜目ノドサウルス科の恐竜白亜紀後期,北アメリカに生息した。体長 5.5m。アメリカ合衆国ワイオミング州カンザス州で発見されている。皮膚に埋まった小さな骨質のこぶが装甲のように全身を覆い,背中から尻にかけては小さなとげのある卵形の板をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノドサウルス
のどさうるす
nodosaur
[学]Nodosaurus textilis

鳥盤目装盾(そうじゅん)類(亜目)エウリポッド類よろい竜類(下目)ノドサウルス科Nodosauridaeに属する恐竜。北アメリカの白亜紀前期~後期の、約1億1850万年~9655万年前の地層から産出したことが報告されている。全長約5.5メートルの草食恐竜。不完全な骨格と一部の装甲が発見されている。ノドサウルスは骨格が頑丈で、体形がどっしりしていた。頸(くび)から肩の上にかけては、やや大きいこぶ状の骨板が背を横切るように帯状に並んだものと、小骨片が規則的に帯状に並んだものとからなる。装甲板には骨質の突起、すなわちこぶ状の結節が数百もあり、属名は「こぶのトカゲ」を意味している。ノドサウルス科は、同じよろい竜類のアンキロサウルス科と比べると、体高が高く、体の横幅は狭く、四肢が長めである。頭部の幅は口先にかけて狭くなっており、全体としては小さい頭を示し、歯は貧弱というのが特徴である。重い装甲を支えるために肩と腰が力強く発達していた。装甲を構成する骨盤は中空でなく、中には骨が詰まっていた。アメリカのカンザス州では、数体のノドサウルス類が全部腹を上にした状態で海成層中から発見されたことがある。ノドサウルス類が同時に死んで、海に押し流されたのかもしれないし、それぞれの個体が死んでからいっしょになったのかもしれない。どちらにしても、陸から川に流されている間に、内臓が腐敗してガスが発生し、体が膨れあがる。体は装甲の重さのせいもあって背中のほうが重くなるので、背側が下にあおむけの姿勢になったまま漂流し、最後に腹側を上にして海底の泥の中に埋没し化石化して、その状態のまま産出したものと考えられる。ノドサウルス類の肩甲骨には筋肉が付着する突起があるが、この突起の位置は種により異なるので種を定義するうえで重要である。後方の胴椎(どうつい)はしばしば互いに癒合し、癒合仙椎をつくり、尾椎数は最大で40個ある。[小畠郁生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノドサウルスの関連キーワードアロサウルスイクチオサウルスステゴサウルス鳥盤類ティラノサウルス竜盤類ディノサウルスモササウルスカモハシ竜(鴨嘴竜)コンプソグナツス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone