コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノミバッタ ノミバッタXya japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノミバッタ
Xya japonica

直翅目ノミバッタ科。体長5~6mm,黒色で,黄銅色の光沢をもつバッタ形の昆虫。体の大きさと前肢の形態を除くと,ケラにも似ている。頭部は丸く,触角は短い。前胸背は樽形で光沢がある。前翅は鱗片状,後翅は扇形をしている。前肢の脛節は短めで,やや幅広くなる。後肢は強い跳躍肢で,腿節は上下に幅広く,左右から腹部をおおう。後肢脛節の先に先端棘の変形した1対のへら状物が付属する。腹端には,尾角,尾突起合せて4本の突起物が目立つ。産卵管は退化している。日当りのよい湿った地面や砂上を好む。ノミのようによくはね,飛ぶこともある。日本全土,台湾,中国に分布する。 (→直翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノミバッタ
のみばった / 蚤蝗
[学]Xya japonica

昆虫綱直翅(ちょくし)目ノミバッタ科に属する昆虫。体長5、6ミリの微小種。日当りのよい湿った地面や砂地上に好んですむ。全体がほぼ黒色で、黄銅色のつやがある。微小種で、よく跳ねるのでノミバッタの名がある。頭は体に比べて大きく、触角は糸状で短い。前胸背板は樽(たる)形。前翅は鱗片(りんぺん)状、後翅は扇形をしている。前脚の脛節(けいせつ)は短めで、やや幅広い。後脚は強い跳躍肢となっており、その腿節(たいせつ)は非常に幅広く、腹部を側面から覆っている。後脚脛節の先端には先端棘(きょく)の変形した一対のへら状のものがつく。腹端には尾角(びかく)・尾突起の変形した4本の突起物をもっている。日本全土、台湾、中国に分布する。
 ノミバッタ科は、体形がややケラ類に似ているが、バッタ類に近縁のグループである。いずれも微小で、大きくても10ミリ程度。触角は短く、前・中脚の(ふせつ)数は2節、後脚では1か0節である。後脚腿節は幅広く、脛節末端にへら状突起物を備える。この突起物は泳ぐとき櫂(かい)として用いられる。雄の亜生殖板には尾突起があり、産卵管は退化する。一般に水辺近くの場所にすむ。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノミバッタの関連キーワードノミバッタ(蚤蝗)蚤蝗虫後脚蚤蝗

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android