コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノリス=ラガーディア法 ノリス=ラガーディアほうNorris-LaGuadia Act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノリス=ラガーディア法
ノリス=ラガーディアほう
Norris-LaGuadia Act

1932年3月に制定されたアメリカの反差止命令法。正当な争議行為に対する裁判所の差止命令を禁止し,差止命令が許される場合でもその要件,手続を厳格かつ詳細に定めるとともに差止命令の内容,効果を限定した。また組合を承認せず組合員を雇用しようとしない使用者に対し,組織的圧力を行使することが自由となり,さらに黄犬契約のような反組合契約は無効であるとした。 19世紀末から本法の制定にいたるまで,アメリカの使用者たちは,ストライキを抑圧する有効な法的手段として裁判所の差止命令を頻繁に利用したが,それらの抑制に効果があった。ワグナー法に先立つ画期的な労働立法とされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノリス=ラガーディア法の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android