コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノリリスク ノリリスク Noril'sk

3件 の用語解説(ノリリスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノリリスク
ノリリスク
Noril'sk

ロシア中東部,東シベリアクラスノヤルスク地方の都市。シベリア北部最大の都市で,プトラナ高原西部の広大な盆地にあり,付近の山に埋蔵される銅,ニッケル,石炭などの開発により発展した鉱業都市である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ノリリスク【Noril’sk】

ロシア連邦北部,クラスノヤルスク地方にある世界最極北の都市の一つ(北緯69゜20′)。人口16万7000(1992)。1930年代にツンドラの上に建設された町で,まもなく収容所が設けられ,囚人労働を利用する開発が進められた。世界屈指のニッケル,銅鉱山をもつことで知られ,冶金コンビナートが市内にある。エニセイ河口のドゥジンカとの間を鉄道が結んでいる。硫化鉱石の採掘・精錬に伴う大気汚染など,公害問題も起こっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノリリスク
のりりすく
Норильск Noril'sk

ロシア連邦中部、クラスノヤルスク地方タイミル自治管区の地方直轄都市。エニセイ川下流右岸のドゥジンカ港とは122キロメートルの鉄道で連絡する。人口14万6500(1999)。北緯70度に近い北極圏内にあるが、鉱山冶金(やきん)業コンビナートがあり、付近に産する原料鉱石と西方からパイプで送られる燃料の天然ガスとで、非鉄金属(ニッケル、コバルト、銅、白金など)が生産される。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノリリスクの言及

【北極】より

…ソ連・ロシアは他の北極域の国に比べて最も多くの鉱物資源を採掘している。すなわち,エニセイ川下流のノリリスク付近はニッケル,銅,白金,コバルトなどが20以上の鉱山で採掘されている。1940年ころから開発が急に進み,ニッケルはコラ半島に産するものと合わせて,ソ連の全生産量の2/3に達した。…

※「ノリリスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノリリスクの関連キーワードクラスノヤルスクヤクート語КрасноярскАчинскИгаркаКрасный Ярクラスノヤルスク橋珍内ДудинкаНорильск

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノリリスクの関連情報