ノーハウ(英語表記)know-how

翻訳|know-how

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ノーハウ」の解説

ノーハウ
know-how

一般に知識秘訣技術能力,方法などをさすが,営業上の知識,方法,経験などは,特許実用新案などの工業所有権と同様に,ときにはそれ以上に価値をもっているため,技術導入などの場合,対価交渉の対象となる場合が多く,営業上の資産とみるようになったもので,秘密ゆえに財産的価値を有する無体財産権一種と解される。そこで現物出資の目的物とされたり,貸借対照表能力を有することがある。1961年に国際商業会議所で「ノー=ハウ保護に関する基準条項」が採択された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ノーハウ」の解説

ノー‐ハウ

〘名〙 (know-how)
① 特許されていない技術で、技術競争の有力な手段となり得る情報、経験を、秘密にしておくこと。また、それらの技術情報。
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉II「新技術開発に成功した企業は、部分公開を意味する特許をとるよりは、ノー・ハウの形で企業秘密としてのこしておくほうを選ぶ」
② (比喩的に) ある専門的な技術やその蓄積をいう。
※原子と椎茸と(1954)〈吉村昌光〉一五「ノウ・ハウ、つまり技術の導入の必要があるわけだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android