コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイトン Hayton; Hethum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイトン
Hayton; Hethum

[生]1201
[没]1271
小アルメニア (キリキア) の王 (在位 1224~69) 。モンゴルに降伏し,1254年モンケ (蒙哥) に謁するためモンゴルにおもむき,翌年帰国した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイトン【Hayton】

1201‐71
小アルメニア(キリキア)の王。在位1224‐69年。ヘトゥームHethumともいう。オゴタイ・ハーンのときモンゴル帝国に臣属し,モンケ・ハーンの治世の1254年自国を出発しステップ路経由でカラコルムに至り,モンケに拝謁した。所領安堵と教会免税の勅書を得,50日におよぶ滞在ののち帰途についた。サマルカンド,ブハラを通りイランに出て翌年7月帰国した。随員キラコスによる旅行記録が存在している。【吉田 順一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハイトンの関連キーワードチンハイ(青海)省ノーズリータルサ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android