コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイビャクシン

2件 の用語解説(ハイビャクシンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハイビャクシン

イブキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイビャクシン
はいびゃくしん / 這柏槇
[学]Juniperus chinensis L. var. procumbens Endl.

ヒノキ科の常緑低木。イブキの一変種。幹枝は匍匐(ほふく)して著しく伸長し、地面を広く覆う。葉は普通は針形で長さ6~8ミリ、先端は鋭くとがり、質は硬く、三輪生をしていることが多い。まれに鱗片葉(りんぺんよう)も出る。植栽状態では果実がほとんどつかないが、野生状態では径8~9ミリの球果をつける。九州の壱岐(いき)、対馬(つしま)、朝鮮半島の大黒山島に分布する。庭園によく植えられる。別名をソナレ(磯馴)というが、これは磯馴(いそな)れの意味で、磯に生え、海風に従って丈が低く育つことによる。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone