ハイレッドセンター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイレッドセンター

高松次郎,赤瀬川原平中西夏之により結成された前衛美術集団。名称は3人の頭文字「高,赤,中」を訳したもの。ほかに和泉達など多数が参加することもあり,確固とした組織体を成してはいなかった。 1962年 10月のイベント「山手線事件」で既に活動を開始しているが,63年5月新宿第一画廊での「第5次ミキサー計画」において正式に結成。以後,64年 10月までに内科画廊や街頭などを舞台に「第6次ミキサー計画-物品贈呈式」「ロプロジー」「シェルター・プラン」「特報!通信衛星は何物に使われているか」「大パノラマ展」「首都圏清掃整備促進運動」「ドロッピング・イベント」といった,日常と非日常の境界を解消するようなイベントを行なった。「作品」の形式をとどめず,「行為」と「観念」が勝っており,また共同制作によっているところから,反芸術から環境芸術,観念芸術への道を切り開いたといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイレッドセンターの関連情報