コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイレッドセンター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイレッドセンター

高松次郎,赤瀬川原平中西夏之により結成された前衛美術集団。名称は3人の頭文字「高,赤,中」を訳したもの。ほかに和泉達など多数が参加することもあり,確固とした組織体を成してはいなかった。 1962年 10月のイベント「山手線事件」で既に活動を開始しているが,63年5月新宿第一画廊での「第5次ミキサー計画」において正式に結成。以後,64年 10月までに内科画廊や街頭などを舞台に「第6次ミキサー計画-物品贈呈式」「ロプロジー」「シェルター・プラン」「特報!通信衛星は何物に使われているか」「大パノラマ展」「首都圏清掃整備促進運動」「ドロッピング・イベント」といった,日常と非日常の境界を解消するようなイベントを行なった。「作品」の形式をとどめず,「行為」と「観念」が勝っており,また共同制作によっているところから,反芸術から環境芸術,観念芸術への道を切り開いたといえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハイレッドセンターの関連キーワード読売アンデパンダン展東京オリンピックハプニング千円札裁判高松 次郎高松次郎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイレッドセンターの関連情報