コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中西夏之 なかにしなつゆき

3件 の用語解説(中西夏之の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中西夏之【なかにしなつゆき】

美術家。東京生れ。東京芸大卒。1963年読売アンデパンダン展に《洗濯バサミは攪拌行動を主張する》を発表。同年ハイレッド・センター結成。土方巽の舞踏舞台美術なども手がけ,パフォーマンスオブジェの制作も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西夏之 なかにし-なつゆき

1935- 昭和後期-平成時代の美術家。
昭和10年7月14日生まれ。34年シェル美術賞展で佳作賞。高松次郎,赤瀬川原平ハイレッド・センターを結成し,反芸術運動を展開。38年読売アンデパンダン展に洗濯ばさみをつかった作品を発表。昭和50年代から紫色を基調とした平面作品を発表する。平成8年母校東京芸大の教授。東京出身。作品に「韻」「コンパクト・オブジェ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中西夏之
なかにしなつゆき
(1935―2016)

洋画家。東京都生まれ。1958年(昭和33)東京芸術大学絵画科油画専攻を卒業。翌年シェル美術賞展で佳作賞を受賞。1961年「現代美術の実験」展(国立近代美術館)に金属溶接の作品を出品。翌年ポリエステル樹脂で日常の小物を卵形に固めた「コンパクト・オブジェ」のシリーズを発表。1963年高松次郎らとハイレッドセンターを結成し、盛んにハプニング(偶然的な行為やできごとを呈示する芸術)などを行う。1960年代後半から絵画に復帰し、「山頂の石蹴(け)り」「弓形が触れて」ほかのシリーズに観念性と感覚性が調和する表現を追求した。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中西夏之の関連キーワード河口竜夫菊畑茂久馬菅木志雄池上忠治乾由明小川正隆田中穣中山公男島次郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中西夏之の関連情報