コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハガイ書 ハガイしょBook of Haggai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハガイ書
ハガイしょ
Book of Haggai

旧約聖書 12小預言書中の第 10書。バビロン捕囚から最初に帰還した人々は,残留していた人々と対立し,政治情勢は不安定となり,本来の目的であった神殿建築は忘れられていた。ハガイは,民が一致して神殿建築に参加することが主の意にかない,主の恵みによってイスラエルに勝利の収穫がもたらされると預言した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハガイしょ【ハガイ書 Book of Haggai】

旧約聖書の〈十二小預言者〉に属する預言書。以下の内容を伝える。ハガイはバビロン捕囚後の預言者で,ペルシアダレイオス1世治世(前522‐前486)第2年に,ユダの帰還民に呼びかけ,エルサレム第2神殿再建の事業を始めた。彼は指導者としてダビデ王家につながる総督ゼルバベルZerubbabelと,大祭司ヨシュアを立て,ゼルバベルに油を注いでメシア的王とした。神殿の再建は前516年に完成したが,メシア運動は失敗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハガイ書
はがいしょ
The Book of Haggai

旧約聖書』中の十二小預言書の一つ。ダリウス1世(在位前522~前486)治世の紀元前520年8月から12月中ごろまでエルサレムで活動したバビロン捕囚後の預言者ハガイの預言を集めたもの。わずか2章の分量であるが、各段落に日付があり、ハガイの預言活動を正確に伝えている。それは、ペルシア支配の弱体化にメシア時代の到来を予知したハガイが、ゼカリヤといっしょにエルサレムの神殿建築を再開させ、サマリア人を排除した神殿宗教と犠牲の捧(ささ)げ物を求め、ダビデの子孫ゼルバベルのメシア支配を預言したものである。[吉田 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハガイ書の関連キーワードゼカリヤ書ダレイオス吉田

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android