ハコネコメツツジ(読み)はこねこめつつじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコネコメツツジ
はこねこめつつじ / 箱根米躑躅
[学]Tsusiophyllum tanakae Maxim.

ツツジ科の常緑低木。高さ約60センチメートル、よく分枝し、小枝は細く、褐色の平たい剛毛を密生する。葉は枝先に輪生状に集まって互生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ0.7~1センチメートル、両端はとがり、質はやや厚くて両面に褐色の毛がある。6~7月、枝先に筒形の白色花を1~3個開く。花冠は長さ0.8~1センチメートル、先は浅く5裂し、短毛が密生する。雄しべは5本、葯(やく)が縦に裂けて花粉を出すので、葯の先の穴から花粉を出すツツジ属Rhododendronとは区別される。山地の岩場などに生え、富士、箱根、丹沢、秩父(ちちぶ)、伊豆七島などに分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android