ハコネコメツツジ(読み)はこねこめつつじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコネコメツツジ
はこねこめつつじ / 箱根米躑躅
[学]Tsusiophyllum tanakae Maxim.

ツツジ科の常緑低木。高さ約60センチメートル、よく分枝し、小枝は細く、褐色の平たい剛毛を密生する。葉は枝先に輪生状に集まって互生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ0.7~1センチメートル、両端はとがり、質はやや厚くて両面に褐色の毛がある。6~7月、枝先に筒形の白色花を1~3個開く。花冠は長さ0.8~1センチメートル、先は浅く5裂し、短毛が密生する。雄しべは5本、葯(やく)が縦に裂けて花粉を出すので、葯の先の穴から花粉を出すツツジ属Rhododendronとは区別される。山地の岩場などに生え、富士、箱根、丹沢、秩父(ちちぶ)、伊豆七島などに分布する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android