コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッサン Hassan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッサン
Hassan

インド南西部,カルナータカ州南部の町。マイソール北西約 98km,ウェスタンガーツ山脈中,標高 940mに位置。西方の丘陵地で産する鉱物資源 (クロム鉄鉱,石膏,陶土,マグネサイト) やプランテーションのコーヒー,カルダモン,東方の平野で栽培される雑穀類,搾油用種子などを集散。精米,農機具製造,セメントなどの工場がある。付近にはホイサラ朝時代の避暑地跡などがある。人口9万 719 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハッサンの関連キーワードウェーバー(Carl Maria (Friedrich) von Weber)片山晋呉招待ネスレ日本マッチプレー選手権レクサス杯ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都アブドゥル・ワヘッド エル・ワキルジェイムズ・エルロイ フレッカーナングロ・アチェー・ダルサラム民族イスラム戦線[スーダン]スルタン・ハッサン・モスクブッチ(Jr.) ハーモンレオポルド ルートヴィヒアブドラ・ビン・フセイン「東トルキスタン共和国」ハッサン2世大モスクフドゥルルックの丘ムハンマド(5世)ハッサン二世モスクムハンマド五世廟ムバラク シャミタンザニア革命党チュニス旧市街

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハッサンの関連情報