コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッシンガー Hugo Hassinger

2件 の用語解説(ハッシンガーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハッシンガー【Hugo Hassinger】

1877‐1952
オーストリア地理学者。A.ペンクやE.ジュースに学ぶ。スイスバーゼル大学ドイツフライブルク大学教授を経て1931年より20年間ウィーン大学教授。第2次大戦後はオーストリアの科学アカデミーに応用的地域研究と再建のための委員会を設けるなど,ヨーロッパの代表的地理学者の一人として20世紀前半における地理学の発展に大きく貢献した。代表的著書は《歴史の地理学的基礎》(1931)と《一般人文地理学》(1938)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハッシンガー
はっしんがー
Hugo Hassinger
(1877―1952)

オーストリアの地理学者。有名な地質学者のジュース教授に教えを受け、1931年ウィーン大学教授となった。きわめて広範な専門分野をもち、自然地理学の地形学や人文地理学、経済・政治地理学、地誌学にわたって優れた業績を残した。ウィーン盆地の地形、文化景観、都市研究、ヨーロッパの経済・政治地理学などの研究のほか、とくにドナウ地域に関する地誌学的研究は、優れた業績として、地理学の発展に大きく貢献した。1952年、交通事故によって死去した。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハッシンガーの関連キーワードオーストラリア区オーストリア学派ハンオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストララシアオーストラリア亜区オーストリーオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone