コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治地理学 せいじちりがく

3件 の用語解説(政治地理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治地理学
せいじちりがく

領土や主権,統治など政治を主題とする地理学の分野。ドイツの F.ラッツェル (1844~1908) が体系化し,特にドイツで発展したが,一部は地政学に偏向した。地政学はラッツェルの政治地理学を基にした R.チェレーンの造語であり,K.ハウスホーファーが体系的に発展させて,国家有機体説にのっとり「生活圏」の概念を提起するが,ナチスの御用学問と化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

政治地理学【せいじちりがく】

国家や領土など政治・行政に関する地理学的問題を研究する人文地理学の一分野。特に国家の政治地域的な起源・発達・構造・機能を中心とし,自然的・人文的諸要素との関係などをも研究する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政治地理学
せいじちりがく
political geography

国家をとくに領土という側面から研究する人文地理学の一部門。国家は領土・国民・主権(統治)の三要素の結合した有機体であると考え、その構造を解明しようとしている。日本の地理学は、一般に、自然・文化・経済・歴史といった側面に注目する傾向があるので、わが国では政治地理学は現在あまり発達した学問分野だとはいえない。しかし比較政治学地域研究と組み合わされれば有益な成果を生む可能性は大きい。
 政治地理学を確立したのはドイツの地理学者F・ラッツェルであり、彼は主著『政治地理学』(1897)で、「国家は一群の人類と一塊の土地からなる」と述べ、領土と国民との緊密な結び付きをもつ生活体という観点から国家の地理的解明を行った。20世紀になるとイギリスのマッキンダーHalford J. Mackinder(1861―1947)が『民主主義の理想と現実』(1919)で、「世界島」World Islandという「ハートランド」の概念を、ユーラシア大陸の中心部(旧ソ連)に当てはめ、大陸国と海洋国の対立を強調した。その後ドイツにおいてナチズムを背景にした地政学の発達がみられたが、第二次世界大戦後のアメリカにおける政治地理学の発達は目覚ましいものがあり、国際関係論や地域研究の発展の基礎となり、領土問題は国際法の重要課題となった。なお、フランスではシーグフリードが選挙行動と地理的背景の関係を研究している。[川野秀之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政治地理学の関連キーワード采覧異言統治権領土主権潜在主権統治機関独裁政治母物領土権屏風歌食品化学

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政治地理学の関連情報