コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドフィールド Robert Abbot Hadfield

世界大百科事典 第2版の解説

ハドフィールド【Robert Abbot Hadfield】

1858‐1940
イギリスの冶金学者,工業家。アッタークリフに生まれ,シェフィールドの大学で学んだ後,鋳造業を営む父のしごとを継ぐ。実験室を作りみずから鉄合金の系統的研究に着手,1882年に〈マンガン鋼〉,99年に〈ケイ素鋼〉を発明した。冶金の歴史にも関心をもち,ローヤル・インスティチューションに保存されていたM.ファラデーとストダートJames Stodartの作った合金(1818‐22年製)を分析,《ファラデーと冶金研究》(1931)を刊行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハドフィールド
はどふぃーるど
Sir Robert Abbott Hadfield
(1858―1940)

イギリスの冶金(やきん)学者。シェフィールドの製鋼業者の家に生まれる。生地の学校で学んだのち、父の工場に研究所を建てて研究を行い、24歳のときから父の企業を継いで冶金技術の進歩に貢献した。1882年のマンガン鋼の開発、1900年のケイ素鋼の発明はとくに有名であり、両者とも彼自身によって工業化された。ケイ素鋼はのちに電気機器の製作に欠かせない重要な材料となった。金属および金属加工の歴史にも興味をもち研究、1908年ナイトに叙せられた。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハドフィールドの関連キーワードローヤル・インスティチューション鉄鋼表面硬化法11月29日コズウェー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android