コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドリアヌス5世 ハドリアヌスごせいHadrianus V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドリアヌス5世
ハドリアヌスごせい
Hadrianus V

[生]?. ジェノバ
[没]1276.8.18. ビテルボ
ジェノバ出身の第186代教皇在位 1276.7.~8.)。本名 Ottobono Fieschi。おじである第180代教皇インノケンチウス4世(在位 1243~54)により枢機卿(→カーディナル)に任命された。1265~68年,イギリスへ教皇大使として派遣され,イングランド王ヘンリー3世(在位 1216~72)と貴族たちとの間に友好関係を築く役割を担った。教皇インノケンチウス5世(在位 1276.1.~6.)の後継者として 1276年7月に教皇に選出された。死去までの 1ヵ月あまりの在位中に,グレゴリウス10世(在位 1271~76)が定めた厳格なコンクラーベの規定を廃止した。生前は司祭としての叙階聖別もされなかった。ダンテは『神曲』の「煉獄編」(第19歌 97~126)で,ハドリアヌス5世が自分の強欲に気づき,後悔する様子を描いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハドリアヌス5世の関連キーワードアルノルフォ・ディ・カンビオ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android